包茎は不潔

日本人男性の約6割~7割の人は、何かしらの包茎だといわれています。
包茎というのは世間一般からみても、決して褒められたり喜ばれたりするものでは決してありません。
そういった包茎というコンプレックスから、包茎の治療を受ける人も少なくはないのです。

一言で包茎といえども、包茎の具合や程度によっては本人が抱えるコンプレックスというのは変わってきます。
となれば、包茎を治療したいと思う理由は人それぞれになってくるのです。
しかし、ペニスというのは男性にとって非常に重要な存在になります。
それぞれの理由が本当に正しいのか、手術しないと解消できないのか、ということを慎重に検討したうえで治療に踏み切ることがとても大事になってくるのではないでしょうか。
一般的に包茎というのは、不潔なものだと思われているでしょう。

正直な話、包茎自体が不潔なわけではありません。
日本人男性の約6割~7割は何かしらの包茎だと述べましたが、ほとんどの場合が軽度の包茎になるのです。
こういった軽度の包茎の場合には、皮を剥いて恥垢をきれいに取り除くことができます。
恥垢というのは、悪臭や病気、性病の原因となりますので、常に清潔に保つことが重要になります。

手術で非包茎になったとしても垢は溜まりますので、清潔に保つという意識がなければこのこととは何ら変わりはないのです。
この不潔という観点から見た場合、包茎と非包茎では、恥垢が溜まりづらくなるという程度でしかいえないと思われます。